プロテインにはヒートショックプロテインやプロテインcなどもありダイエットやバストアップにも有効です
プロテイン
プロテイン(protein)とは蛋白質のことで、日常用語で「プロテイン」と言った場合は、一般的には、たんぱく質の摂取により筋肉の同化作用を促すためのサプリメントを指します。プロテインの種類としてはたんぱく質の原料により、ソイプロテイン(大豆)、エッグプロテイン(卵)、カゼインプロテイン(牛乳)またはホエイプロテイン(牛乳)の種類があります。また、最近注目を浴びているプロテインには、ヒートショックプロテイン,プロテインc,プロテインs,プラスチックプロテイン,プロテインチップ,リポプロテイン,シルクプロテインなどがあり、ダイエットや治療、バストアップなどへの利用法やプロテインシャンプーといった製品もつくられています。以下に、さまざまなプロテインの情報を綴っていきたいと思います。

プロテインとは

本来、蛋白質は卵や肉・魚などから摂取しますが、それらを大量に採取すると往々にして脂肪分も大量に摂取することになります。その結果、カロリー摂取過多で余分に体脂肪をつける原因ともなるため、炭水化物や脂肪分が極めて少ないプロテイン(プロテインサプリメント)が補助的に使われることになります。

主に、筋肉を維持または増強する目的で摂取されますが、プロテイン自体は単なる「高蛋白食品」でしかなく、プロテイン自体に薬物的な筋肉増強効果がある訳ではないのです。適切なトレーニングや食事と併用し、これらを長期に渡り継続することで初めて効果が現れる可能性があるのです。

近年、ダイエット用のサプリメントとしても人気が高まっていますが、注意点としては、消費カロリーよりも摂取カロリーを抑えた場合、往々にして蛋白質摂取量までもが不足し、その結果体重は減ったものの、体脂肪よりもむしろ筋肉や基礎代謝が大きく落ち込んでしまい、ダイエット後に体調悪化やリバウンドを引き起こすというケースがあります。これらの対策のため、補助的に使われます。

また、バストアップの為のプロテインなども最近増えてきました。
このバストアップサプリメントの多くはバストが成長するためのホルモン分泌を促進する作用があります。
ホルモンが分泌されても成長するための栄養がなければバストアップサプリメントの効果は無駄になってしまいます。
そこで、プロテインとの併用でバストアップ効果を上げる狙いなのです。

プロテインの使用方法
#トレーニング時は、終了後30分以内に飲むことが望ましいとされる。
#筋肥大や維持のため、異化が起きやすい起床後や,(就寝後は成長ホルモン分泌が
 活発になるため)就寝前などの摂取を勧めているものもある。
#蛋白質は一度に大量摂取しても体内で消化吸収しきれないため、蛋白質摂取量は
 (他の食事分も合わせて)1食あたり最大でも 30g 程度にするのがよいとされている。
#1日に必要な蛋白質の量は除脂肪体重 1kg あたり 1〜1.2g と言われているが、
 運動やトレーニングをする者はその頻度・強度あるいは年齢性別により、
 除脂肪体重 1kg あたり 1.5〜3g が摂取の目安とされている。

プロテイン製品
#明治製菓「ザバス」
#江崎グリコ「グリコパワープロダクション」
#森永製菓「ウィダー」
#株式会社ドーム「DNS」
#健康体力研究所「健体」
#ファイン「ファイン・ラボ」
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。