プロテインにはヒートショックプロテインやプロテインcなどもありダイエットやバストアップにも有効です
プロテイン
プロテイン(protein)とは蛋白質のことで、日常用語で「プロテイン」と言った場合は、一般的には、たんぱく質の摂取により筋肉の同化作用を促すためのサプリメントを指します。プロテインの種類としてはたんぱく質の原料により、ソイプロテイン(大豆)、エッグプロテイン(卵)、カゼインプロテイン(牛乳)またはホエイプロテイン(牛乳)の種類があります。また、最近注目を浴びているプロテインには、ヒートショックプロテイン,プロテインc,プロテインs,プラスチックプロテイン,プロテインチップ,リポプロテイン,シルクプロテインなどがあり、ダイエットや治療、バストアップなどへの利用法やプロテインシャンプーといった製品もつくられています。以下に、さまざまなプロテインの情報を綴っていきたいと思います。

ヒートショックプロテインの驚異!

ヒートショックプロテイン(HSP)とは、私達の身体に熱が加わった時、その熱から身体を防御しようとして作られる特殊なタンパク質のことです。このプロテインが熱だけでなく、身体に対するあらゆるストレスにも対応し、傷ついた細胞を修復してくれる働きを持っています。そしてその「熱ストレス」がヒートショックプロテイン(HSP)を最も多く増加させる要因となります。

つまり、ヒートショックプロテイン(HSP)が増加する事によって、感染・疲労などで傷ついた細胞を修復したり、ガンや病原菌を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞の活動を活発にしたりして、免疫力を高めてくれるので、ガンなど様々な病気の治療の他、スポーツトレーニングや美容に応用、バイオ科学の観点から植物の生育に応用されるなど、ヒートショックプロテイン(HSP)は、各方面から、注目を集めています。

では、実際の実用例を挙げてみます。

ヒートショックプロテインを増やすには、42度程度の加温で効果があります。
ただ身体の深部から温める必要があるので、サウナ、岩盤浴、ゲルマニウム温浴等が効果的とされています。
スポーツ選手などは、運動をする2〜4日程前に身体を温めるとHPSが増えるので乳酸の生成を抑え、疲れにくく、運動時間が伸びるという効果もあるようで、温熱トレーニングを取り入れています。
また、事前の温浴効果として、筋肉痛が少なくなるなどの効果もあります。

また、ヒートショックプロテインは、肌の細胞に本来備わっているタンパク質で、紫外線や有害物質から保護しダメージを受けた細胞の修復をします。同時に角質層の新陳代謝を正常化させ、衰えた代謝を活発化しコラーゲンの合成を促進している物質なので、化粧品などの美容にも取り入れられています。
ヒートショックプロテインが増える事により、代謝が活発になり、脂肪が燃焼される事から、ダイエットにも効果があるといいます。

また、がん細胞内にヒートショックプロテインが増えることで、「自分はガン細胞である」という指標(抗原提示)をたくさん出すようになります。その結果リンパ球が、ガン細胞を認識しやすくなるので、効率的に攻撃を加えることができるようになるため、ガン治療にも応用されています。

私たちの体の約60兆個の細胞のほとんどはタンパク質で出来ています。
熱をはじめさまざまなストレスを受けると、細胞のタンパク質が傷害を受けます。
ストレスで傷ついたタンパク質を元通りに治すのに、細胞はみずからヒートショックプロテインをつくります。
ヒートショックプロテインは、私たちの体を守る仕組みのひとつなのです。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。