プロテインにはヒートショックプロテインやプロテインcなどもありダイエットやバストアップにも有効です
プロテイン
プロテイン(protein)とは蛋白質のことで、日常用語で「プロテイン」と言った場合は、一般的には、たんぱく質の摂取により筋肉の同化作用を促すためのサプリメントを指します。プロテインの種類としてはたんぱく質の原料により、ソイプロテイン(大豆)、エッグプロテイン(卵)、カゼインプロテイン(牛乳)またはホエイプロテイン(牛乳)の種類があります。また、最近注目を浴びているプロテインには、ヒートショックプロテイン,プロテインc,プロテインs,プラスチックプロテイン,プロテインチップ,リポプロテイン,シルクプロテインなどがあり、ダイエットや治療、バストアップなどへの利用法やプロテインシャンプーといった製品もつくられています。以下に、さまざまなプロテインの情報を綴っていきたいと思います。

【プロテインc,プロテインs】 の記事一覧

プロテインcとプロテインs

プロテインの大切さを示す重要な事例があります。
プロテインcとプロテインsについてです。

プロテインcは、ビタミンk依存性の蛋白質で、肝臓でつくられ、生理的に重要な血液凝固制御機構であるプロテインc凝固制御系の中心的因子です。
プロテインcが先天的に生成されない、先天性プロテインc欠損症はたびたび、血栓塞栓症をきたします。
また、後天性のプロテインc低下症も血管内凝固亢進の原因になると考えられており、血漿プロテインc値の測定は、血栓性疾患患者の診断と治療法の確立に不可欠です。

プロテインsは、凝固阻害作用を示すプロテインcの補酵素です。
活性型プロテインcは、プロテインsを補酵素として凝固因子の失活化を行うので、プロテインs欠損では線溶系の機能が低下し、血栓症を発症します。
先天性プロテインs欠損症は、本邦では2万9,000人に 1人の発症頻度で、血栓症や下腿部壊瘍、深部静脈血栓などプロテインc欠損症と酷似した臨床症状を示します。

このように、一口にプロテインと言っても色々な種類があり、その役割や用途は様々です。
プロテインの種類や役割を知った上で、用途に合わせて、サプリメントとして服用したりして、健康に役立つ活用法を見出していけば良いと思います。

下記に、プロテインc欠乏症に対する新薬開発の記事を掲載しておきます。
プロテインcの重要性について認識できる事と思います。
《先天性プロテインc欠乏症は、プロテインc遺伝子の異常により血液中のプロテインcの活性が低下する遺伝性疾患で、欧米で16,000〜36,000人に1人、日本では5〜15万人に1人と推計されています。

その中でも、電撃性紫斑病は極めて患者数が少なく、日本ではこれまで10例の報告があるのみで、発生頻度は2年に1例程度と考えられています。プロテインcが完全に欠乏するホモ接合体のプロテインc欠乏症の場合に発症しやすい病気で、主に出生直後から四肢、臀部、腹部などの皮膚に斑状出血が見られます。急激に病状が進行する、極めて治療が困難な予後不良の病気で、これまで十分な治療法が存在しませんでした。

プロテインcは、生体内で血液の凝固と線溶に重要な役割を果たしている血液凝固阻止因子であり、「注射用アナクト(R)C2,500単位」は、化血研と帝人が共同で開発した、世界で初めてのヒト血漿由来の活性化プロテインc製剤です。本剤は、活性化プロテインcが有する生体本来の機能によって抗凝固作用と線溶促進作用を発揮することから、急性期治療に十分な治療薬がなかった電撃性紫斑病に対して、作用機序の点から適切な薬剤として開発が望まれていました。

本剤は、2000年9月に「先天性プロテインc欠乏症に起因する深部静脈血栓症、急性肺血栓塞栓症」の効能でオーファンドラッグとして承認を取得しています。化血研と帝人は、その過程で臨床医から「電撃性紫斑病」効能取得の要望を受け、1997年より国内20医療機関で臨床試験を実施し、このたびオーファンドラッグとして効能が追加承認されました。

本剤が、十分な治療法のなかった「先天性プロテインc欠乏症に起因する電撃性紫斑病」の治療に対し、今後大きく貢献できるものと期待しています。》
(日経プレスリリースより抜粋)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。